2006年02月02日

言論弾圧宣言

朝日新聞
2006年2月2日社説

寛仁さま 発言はもう控えては

 皇位継承のあり方をめぐり、天皇陛下のいとこにあたる寛仁(ともひと)さまの発言が相次いでいる。

 昨年、会長を務める福祉団体の機関誌に随筆を寄稿したのに続き、月刊誌「文芸春秋」などでインタビューに応じた。さらに産経新聞と、同社が発行する雑誌「正論」にインタビューが載った。

 初代の神武天皇から連綿と男系が続いているからこそ皇統は貴重なのだ。戦後に皇籍を離れた元皇族を復帰させるなどして男系維持を図るべきだ。いずれもそうした趣旨の発言である。

 小泉首相から皇位継承のあり方を諮問された有識者会議は、女性天皇やその子の女系天皇を認める報告書をまとめた。政府はこの報告書に沿って皇室典範の改正案を準備中だ。

 寛仁さまの発言は、この報告書や首相の方針に異を唱えるものである。

 だれを天皇とすべきか。皇位継承は天皇制の根幹にかかわる問題だ。国民の間で大いに論議しなければならない。

 皇族にも様々な思いはあるだろう。自らにかかわることだけに当然だ。だが、それを外に向かって発言するとなると、どうか。改めて考える必要がある。

 当事者である天皇や皇族がどう考えているのかを知りたいと思う人もいるだろう。自由に話をさせてあげたらいい、という人もいるにちがいない。

 皇太子妃の雅子さまが体調を崩したときに、私たちは社説で、心のうちを率直に語ったらどうかと主張した。

 しかし、今回の一連の寛仁さまの発言は、皇族として守るべき一線を超えているように思う。

 寛仁さまはインタビューで「皇族は政治にタッチしないという大原則があります」と述べている。その大原則に反するのではないかと考えるからだ。

 憲法上、天皇は国政にかかわれない。皇位継承資格を持つ皇族も同じだ。

 寛仁さまは皇位継承については「政治を超えた問題だ」と述べている。歴史や伝統の問題ということだろう。

 しかし、天皇制をどのようなかたちで続けるかは国の基本にかかわることで、政治とは切り離せない。まして、いまは政府が皇室典範の改正案を出そうとしている時期である。

 たとえ寛仁さまにその意図がなくても発言が政治的に利用される恐れがある。それだけ皇族の影響力は大きいのだ。

 天皇は日本国民統合の象徴だ。国民の意見が分かれている問題では、一方にくみする発言は控えた方がいい。これは皇族も同じである。

 天皇陛下は記者会見でたびたび女性天皇や皇位継承について質問されたが、回答を控えてきた。皇太子さまも会見で質問されたが、やはり答えなかった。

 おふたりとも、憲法上の立場を考えてのことにちがいない。

 寛仁さまひとりが発言を続ければ、それが皇室の総意と誤解されかねない。そろそろ発言を控えてはいかがだろうか。


おいおい、これは言論の自由にかこつけた言論封じか?大新聞をバックにした恫喝とも取れるな。

朝日新聞はいつから政府の広告塔になったんだ?
今度は手の平返してナベツネ応援団、小泉改革応援団か?

皇室は一方に組してはならないといいながら、影響力の大きい朝日新聞が女系天皇容認論に組するダブルスタンダード。中立性を保つべきは公共機関である新聞の方に決まっている。

朝日新聞はいつも天に唾するのが好きなんだねぇ。

こんな言論を封じるような支那新聞をあなたは取り続けますか?


追記
産經新聞 社説2月3日
【主張】朝日社説 「言論封じ」こそ控えては


 寛仁さまが月刊誌などで皇位継承について発言されていることに対し、朝日新聞は二日付で「発言はもう控えては」という社説を掲載した。同じ言論機関として、違和感を覚える社説だ。

 寛仁さまは、皇位が男系で維持されてきたことを強調し、政府の「皇室典範に関する有識者会議」が一年足らずの議論で女系容認の結論を出したことを「拙速」と批判されている。また、男系維持のため、元皇族の皇籍復帰や養子制度導入などを提案された。

 朝日は「一連の寛仁さまの発言は、皇族として守るべき一線を超えているように思う」とした上で、「天皇は日本国民統合の象徴だ。国民の意見が分かれている問題では、一方にくみする発言は控えた方がいい。これは皇族も同じである」「そろそろ発言を控えてはいかがだろうか」と書いている。

 寛仁さまの発言を批判することは言論の自由の範囲内であるが、その発言を封じようとする社説は、言論・報道機関として、守るべき一線を越えているように思われる。

 皇位継承問題に限らず、靖国、歴史認識問題など多くのテーマで、産経と朝日は対立しているが、もし、朝日の言論が封殺されるような事態が起きれば、言論の自由を守る立場から、産経は朝日を徹底して擁護するだろう。現に過去に起きた朝日へのテロ行為に対しても、この立場を貫いてきた。

 朝日は、寛仁さまの発言の趣旨について「戦後に皇籍を離れた元皇族を復帰させるなどして男系維持を図るべきだ」などとしている。

 しかし、寛仁さまが言わんとしていることは、安易に女系を認める前に、いろいろな選択肢があり、あらゆる手を尽くすべきだという趣旨だ。それでも男系維持が難しければ「女帝・女系の議論に入っていけばいい」「最終的には皆さんのご判断を待つ」(雑誌『正論』三月号)とも言っている。

 「国民的な議論が不十分だ」という寛仁さまの発言全体の趣旨を正しくとらえてほしかった。

 今国会での皇室典範の拙速な改正に反対する国会議員の署名は、百七十三人に達した。皇位継承問題は、寛仁さまが指摘するように、政治を超えた日本の歴史と伝統文化の問題である。結論を急ぐべきではない。


フツーに見てサンケイは大人だ





狂気の首相で日本は大丈夫か
狂気の首相で日本は大丈夫か西尾 幹二


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

日本を蝕(むしば)む人々 平成の国賊を名指しで糺す
日本を蝕(むしば)む人々 平成の国賊を名指しで糺す渡部 昇一 屋山 太郎 八木 秀次

PHP研究所 2005-06-07
売り上げランキング : 1,750

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
歴史の真実 日本の教訓―日本人になる十二章 中国・韓国人に教えてあげたい本当の近現代史 日韓「歴史問題」の真実 「朝鮮人強制連行」「慰安婦問題」を捏造したのは誰か 子々孫々に語りつぎたい日本の歴史 文化人の通信簿―媚中度から歴史認識まで徹底採点!


posted by 武悪堂 at 22:14 | Comment(0) | TrackBack(8) | 本日も反省の色ナシ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/12659138

■皇室典範の危機感
Excerpt:  身動き取れません。  全然忙しくはないのですが、どうにも要領が悪くて何が何だか。  取り敢えず、上記の麻雀漫画(どこがだ!)を描きながらネームを複数同時進行。せっせと地下活動中で御座..
Weblog:  ◆ ケシクズ ◆
Tracked: 2006-02-03 09:03

反対の反対の反対なのだ
Excerpt: 小泉首相、女系天皇反対に反論(産経新聞・共同) 皇室典範改定問題について、これ
Weblog: ぐっじょぶろぐ
Tracked: 2006-02-03 09:09

皇室典範改正について、どんなお考えでしょうか
Excerpt: 皇室典範改正について議論されています。
Weblog: 「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!
Tracked: 2006-02-04 14:14

・皇室の意見は聞くべきではないのか ??単なる政治問題には括れない皇室典範改定問題??
Excerpt: 寛仁さま 発言はもう控えては:朝日  皇位継承のあり方をめぐり、天皇陛下のいとこにあたる寛仁(ともひと)さまの発言が相次いでいる。昨年、会長を務める福祉団体の機関誌に随筆を寄稿したのに続き、月刊誌「..
Weblog: アジアの真実
Tracked: 2006-02-05 11:44

「本来、日本人とは」の記事タイトル・117~123
Excerpt: 本来、日本人とは 日本人とは 『本来、日本人とは』 123 御皇室は、大神様の霊統と血統を受け継がれておられます 122 『平等で、平等でなくて、平等』 121 天皇家の御系図 1..
Weblog: ◆本来、日本人とは◆
Tracked: 2006-02-05 15:17

出でよ!和気清麻呂「道鏡」の史実を思い起こせ
Excerpt:  今日は旧暦一月五日、四条畷の戦。睦月、鶏はじめてとやにつく。 本日は「正論」平成十八年二月号に掲載された平成の和気清麻呂、出でよ!世界に誇る皇室の伝統を無視する「女系」容認に異議ありより、渡部昇一・..
Weblog: 悪の教典楽天市場店
Tracked: 2006-02-05 15:26

産経GJ!! 【主張】「言論封じ」こそ控えては
Excerpt: 昨日の朝ピー新聞の斜説には正直度肝を抜かれました。{/hiyob_hat/} ■【斜説】寛仁さま 発言はもう控えては いやいや、言論を糧としている新聞社が、皇族の言論を封じようとする文章を、「社..
Weblog: まいっちん愚ログ
Tracked: 2006-02-07 00:45

【石原視察委】当確・謹んでお慶び申し上げます。【皇室コラム】
Excerpt: くうたん:当確だぽ。 くう:アヒャヒャヒャヒャ。 くうたん:アイツ、ファイナンスなんて言葉知ってるんでつね。 くう:イヒャヒャヒャヒャ。 くうたん:300万票にとどかなかったのでふね。 くう..
Weblog: 【くう特捜部】ログ
Tracked: 2007-04-26 05:30
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。