2006年02月05日

アカヒ十八番、マッチポンプ!!

朝日新聞 社説
2月4日
産経新聞 社説に対する回答w

マッチ-ポンプ

〔和製語。自分でマッチを擦って火をつけておいて消火ポンプで消す意〕自分で起こしたもめごとを鎮めてやると関係者にもちかけて、金品を脅し取ったり利益を得たりすること。
皇室典範 ここは冷静な議論を

 皇室典範の改正問題で、政界が騒がしくなってきた。

 女系天皇の容認に反対する与野党の国会議員が多数の署名を集め、集会を開いた。閣僚からも慎重論や、男系を維持すべきだという反対論が相次いでいる。

 皇太子の次の世代に男子がいないなかで、皇位の継承をどうするかは天皇制の根幹にかかわる問題である。きちんと論議しなくてはならない。

 小泉首相から諮問をうけた有識者会議は「女性・女系天皇を認める」「男女を問わず天皇の直系の第1子を優先する」という報告をまとめた。

 男系・男子にこだわれば、継承者がいなくなる可能性が高い。旧皇族の男子を迎えて男系維持をはかるべきだという意見もある。だが、60年以上も一般国民として過ごしてきた人びとである。皇族となることに多くの国民が納得するとは思えない。そんな判断によるものだった。

 この報告について、私たちは「妥当な結論だ」と支持した。ただ、皇位継承順を第1子優先とするかどうかには議論の余地があると考えている。

 政府は報告書に沿って皇室典範の改正案をつくり、今国会で成立させる方針だ。議論を尽くし、国民の納得がいく合意を目指してもらいたい。

 気がかりなのは、こうした議論のなかで皇族の発言が注目されていることだ。自民党内の改正先送り論の高まりについて、同党の細田博之国対委員長は「宮さまが否定的な見解を公表されたことも大きく影響している」と語っている。

 宮さまとは三笠宮家の長男、寛仁(ともひと)さまのことだ。昨年来、月刊誌などで女系天皇に異を唱える発言を繰り返してきた。

 私たちは、一般論としては皇族であっても自由に発言するのが望ましいと思う。だが、戦後の憲法で国民統合の象徴とされた天皇には、政治的行為や発言に大きな制約がある。皇族もこれに準じると解釈すべきだろう。

 天皇制は政治を超えた歴史と伝統の問題だという意見もある。だが、いまの天皇制は戦前と違い、国民の強い支持がなければ成り立たない。茶道や華道などの家元制度とは異なり、政治の土台にかかわる問題なのだ。

 天皇陛下や皇太子さまはこの間、皇位継承の問題について静かに見守り、いっさい発言を控えている。おふたりとも憲法上の立場を考えてのことに違いない。

 私たちが2日の社説で寛仁さまに「もう発言を控えては」と求めたのは、皇族としての制約を超えると考えたからだ。皇室の総意であるかのような誤解も与えかねない。細田氏の言うように、政治に具体的な影響を及ぼしているとしたら、なおさら見過ごすわけにいかない。

 この社説に対して「言論機関が皇族の言論を封じるのか」という反論も寄せられた。しかし、皇族だからこその言論のルールがある。それを指摘するのはむしろ言論機関の責務ではないか。

 ここはぜひ冷静な議論を望みたい。


自分で煽っておきながら、冷静な議論ですかw

これが朝日のお家芸マッチポンプっていう奴ですかぁ?

産経の正論に完全にビビった形になった。

旧宮家の皇籍復活を国民が受け入れることが出来ない?
私たちは有識者会議の報告を妥当だと受け入れた?

どこの誰がそんな重要なことを勝手に決めたんだ?小学生の作文か?

憲法で天皇の政治への関与は制限されているが、皇族の発言を規制しているわけではないし、皇室典範改正に対する発言が政治への関与なのか?

天皇家は敗戦の後、人間であることを宣言された。それならば国民と同じような基本的人権が尊重されなければならない。
自分の一族のルールが一部の人間によって勝手に変更されることが人間的だといえるのか?皇族から意見が出ることは当然であるし、皇室典範で皇室会議というものも定められているんだから皇室の意見も取り入れるべき。

何で2回も全く同じ主張を繰り返す?これがアカヒのジャーナリズム宣言?

アカヒはマッチポンプ宣言がお似合いだw

語られなかった皇族たちの真実―若き末裔が初めて明かす「皇室が2000年続いた理由」語られなかった皇族たちの真実―若き末裔が初めて明かす「皇室が2000年続いた理由」
竹田 恒泰

闘う皇族 ある宮家の三代 〈図説〉皇室のすべて―世界最長を誇る日本の王室の全貌 皇統断絶―女性天皇は、皇室の終焉 本当に女帝を認めてもいいのか 国家学のすすめ

by G-Tools



posted by 武悪堂 at 11:17 | Comment(5) | TrackBack(7) | 本日も反省の色ナシ
この記事へのコメント
TBありがとうございました。
天皇家のことは天皇家で決めて頂くのが一番ですね。
有識者会議っていうのがむかつきます。
Posted by ごろー at 2006年02月05日 13:44
TBありがとうございました!
「ごろー」さまと同様、この国の「文化人」
「有識者」という連中のうさんくささに
辟易しているオヤジです。:−)
ミンポーTVニュースの「キャスター」っつう
人種も実にうさんくさいですなー! :−)

Posted by Kimball at 2006年02月05日 18:06
TBより参りました。
小泉政権もこの件でそろそろ潮時、ちょうどいいですね。安倍(または麻生)政権になれば猪口みたいなアホを大臣にすることはないと思うので、今回継続審議にすれば愚かな議論を潰せると考えています。
Posted by hassy at 2006年02月06日 00:55
朝ヒの偏向路線はもはやとどまる所を知りませんね。もう笑えないしちょっと正直怖くなってきましたよ。さすがに。

ただこの問題が大きくなってくれば暴走を始めている小泉政権も威力を失う事でしょう。その時こそ、「太郎」の出番!!と思いたいですね。


Posted by マチコ at 2006年02月06日 14:24
トラックバックありがとうございました。
もう少し法律的に理詰めで今回の問題を
掘り下げて見たいと思います。
Posted by でんか at 2006年02月07日 09:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/12805976

YKKって何だったんだろう (´д`;)
Excerpt: ↑ クリックすると絵が動きますよ。 皇室典範改正案、山崎拓・加藤紘一氏が賛成を表明 自民党の山崎拓前副総裁と加藤紘一元幹事長は4日、山形県最上町でそろって講演し、女性天皇・女系天皇を認める皇室..
Weblog: 陽光燦爛的日子 a diary of worldwalker
Tracked: 2006-02-05 11:49

打倒!現政権!
Excerpt: どうなることか静観していたが、こんな頭がおかしい人たちに政権 を任せておいてはい
Weblog: ごろーの日記
Tracked: 2006-02-05 13:28

今回は小泉さんの思い通りにはいかない
Excerpt: やっぱり、酔ってるんでしょ(笑) ------------------------------------------------------------ 陛下─┬─美智子様      │  ..
Weblog: 陽光燦爛的日子 a diary of worldwalker
Tracked: 2006-02-05 13:36

新聞販売部数の粉飾:ライブドア批判する前にさ
Excerpt: ライブドアの粉飾決算などを威勢良く批判している新聞社に一つお願いがある。 他社の粉飾批判をする前に、自らの新聞販売部数の粉飾をどうにかしたらどうなのか。 インターネットの普及により新聞を購読している..
Weblog: 支部長の離れ
Tracked: 2006-02-05 17:40

皇室典範改正~反省なんかしない
Excerpt:  数多くのブログでも取り上げられているこのやりとり。僕も記録をとどめておきたいということで。
Weblog: The Blog of ウラ達ネット
Tracked: 2006-02-06 00:05

皇族の政治的発言と憲法の規範意味(上)
Excerpt: <font size=3>皇室典範の改正に関する三笠宮寛仁親王殿下のご発言を巡ってここ数日世間が騒がしい。皇族は政治的な発言を差し控えるべきかどうかを朝日・産経の両全国紙がその社説で論じた..
Weblog: 松尾光太郎 de 海馬之玄関BLOG
Tracked: 2006-02-06 10:49

産経GJ!! 【主張】「言論封じ」こそ控えては
Excerpt: 昨日の朝ピー新聞の斜説には正直度肝を抜かれました。{/hiyob_hat/} ■【斜説】寛仁さま 発言はもう控えては いやいや、言論を糧としている新聞社が、皇族の言論を封じようとする文章を、「社..
Weblog: まいっちん愚ログ
Tracked: 2006-02-06 14:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。