2006年02月22日

「うわさ」

2月8日(水)
「うわさ」
皇室のことに対する世論の分裂は好ましい事ではない

紀子さま懐妊というおめでたいニュースで、日本中あらゆるところで皇室のことが話題になっていると思われます。そして、皇室典範の改正問題とも絡んで、皇室のあり方について大きな関心が集まっております。

しかし、それと同時にいろいろな観測、推測、うわさがさしたる根拠もないまま飛び交っているということもあるようです。元々、皇室についてそういうことが付きまとうのは、時には「菊のカーテン」という言われ方をしましたけれども今、外からは伺え知れない場所であるということがあろうかと思います。

情報がないところで必ず、闇の情報といいましょうか、違うことが飛び交うというのは常であります。もちろん王室や皇室に一定の神秘性が保たれなければいけないということもありますし、何よりも守られるべきプライバシーというのがあります。

しかし、それにしても小泉首相が国民の間で広く皇室のあり方を議論しようというのであれば、なるだけ、そのための材料、情報というものが提示されること、示されるということが大事だろうと思います。

必要以上に何事もあんまりハッキリしないということは、余計なことをいっぱい呼ぶわけですし、きちんとした判断ができないということになります。

憲法で天皇は日本の統合の象徴であります。非常にシンボリックな存在であるものに分裂した世論があるというのは、好ましい事ではありません。


うわさ、ガセネタを分析、排除して報道するのが、ジャーナリストの仕事だろう。
広く国民に皇室典範改正の是非の材料・情報を提供することは新聞・テレビ・マスコミの仕事。
筑紫の言ってる材料ってのは何だ?
新嘗祭に出席した小泉首相が「天皇は何をしているんだ?」「暗いから電気を付けろ」としつこくせがんだことと同じ類いのことだろう。

ジャーナリスト放棄宣言するならさっさとキャスター降板しろよw

分裂した世論があることが好ましくないのなら、天皇制廃止論者はこの世から消えて下さい。




posted by 武悪堂 at 12:26 | Comment(0) | TrackBack(1) | 筑紫妄言録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

旧皇族の直孫が女系天皇問題を語る四
Excerpt:  今日は旧暦一月二十五日、初天神。睦月、土脉潤い起こる。 本日は「正論」平成十八年二月号、竹田恒泰氏の「旧皇族の直孫が女系天皇問題を語る」から四回目。 女系は途絶えて久しい。問題は男系を維持するか放棄..
Weblog: 悪の教典楽天市場店
Tracked: 2006-03-03 21:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。