2006年03月21日

WBCの主役?

【WBC】「気の抜けたビール」…主役不在の決勝戦

 
 気の抜けたビールと言っても過言ではないだろう。

 米国が企てたシナリオとは全く違う方向に進展したワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が21日(韓国時間)、日本とキューバの決勝戦を残すのみとなった。ところで最も高まるべき決勝戦に対する関心が覚めやっている雰囲気だ。

 当然決勝まで生き残ると思われた米国が脱落したためだ。もちろん、米国が脱落した背景には韓国の善戦があったわけだが、主催国の脱落はやはり大会に対する関心をそぎ落とす形となった。


 波乱の主人公となった韓国が決勝進出できなかったことも、終盤の熱気が冷えやってしまった一因。


 韓国が米国と日本を相次いで倒し、米メディアはその新鮮なショックをニュースとしながら話題に事欠かなかった。話題の主人公だった韓国が舞台裏に退いて以降、これ以上驚くべきニュースは見られなくなった。

 米国野球はキューバを通じ大恥をかいた。米国との交流が絶たれているキューバは、今大会に参加すること自体が不透明だった。米財務部が就労ビザ問題を取り上げ、キューバ代表チームの入国を拒否したためだ。

 米メディアが大騒ぎしたことで大会参加が可能となった。キューバはWBCを通じて獲得した収益金のすべてをハリケーン「カトリーナ」の被災地に寄付するという公約も掲げた。

 貧しいキューバが金持ちの米国を助けるという皮肉な状況の中、大会が幕を開けたのだ。

 そのようなキューバが決勝まで勝ち残った。米国は2000年シドニー五輪の時、トリプルAの選手が主軸となった代表チームを構成し、決勝でキューバを破って金メダルを獲得した。

 以来キューバ野球をワンランク低く見てきたのは事実だ。今回のWBCを通じすべての考えを改めるべきだろう。

サンディエゴ(米カリフォルニア州)=キム・ナムヒョン特派員

『スポーツ朝鮮』


>波乱の主人公となった韓国が決勝進出できなかったことも、終盤の熱気が冷えやってしまった一因。

ハァ (゚Д゚)? ナニイッテンダ

それはないから、いらんところで責任感じなくてもいいよw

ま、応援が盛り上がりに欠けているのは事実なんで、次回は甲子園名物阪神の私設応援団を送り込もうw

posted by 武悪堂 at 13:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本日も反省の色ナシ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。