2006年04月30日

「滅私無用」

3月21日(火)
「滅私無用」
自由意志で加わったチームのWBC優勝を誇りにすべき

妙な判定ばかりする審判が出てきたり、そもそもアメリカの思惑、ご都合主義に近い思惑で始まったWBCですが、それを吹き飛ばすような申し分のないドラマで、しかも日本が初代の世界一になったというのは、大変すばらしいことであります。

ただ、そのために日本チームに加わるよう求められた大リーガー、例えばヤンキースの松井選手たち、加わらなかった人がやや辛い肩身の狭い立場に立たされるのかも知れません。

しかし、私はそういう選択もあってよいだろうと思います。おそらく、ヤンキースの主力打者として求められているものに応えたいということで加わらなかったのでしょうけれども、そのおかげでシーズンを通して十分な活躍を大リーグですれば、日本人選手の実力というものを世界に示すことができる、これも1つの方法であります。

何よりも嬉しいと思うのは、例えば国によっては選手にいろいろなインセンティブを与えて加わったチームもあるわけですが、それに対して自分の自由意志で加わった、それぞれが加わった私たちのチームがこれだけの勝利を収めた。このことを誇りにすべきだと私は思います。


別に筑紫哲也ごときにこれを誇りにしろとかしちゃダメだとか電波で流されたく無いわけちっ(怒った顔)
国に何の貢献もしてない、ましてや年金も支払っていない筑紫哲也に公共心を語ってもらいたく無いわなw


posted by 武悪堂 at 00:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 筑紫妄言録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。