2006年06月10日

死刑は痛いんです

まさに反省の色無し

宮崎死刑囚「絞首刑は恐怖、残虐」

 幼女連続誘拐殺人事件の宮崎勤死刑囚(43)が2月の死刑確定後、月刊誌「創」の篠田博之編集長あてに「絞首刑は恐怖で残虐。薬を使った執行でなければいけない」と記した手紙を出していたことが6日、分かった。

 7日発売の「創」7月号に掲載される。

 篠田編集長によると、手紙は死刑確定後から5月までに、宮崎死刑囚の母親を経由するなどして5通届いた。死刑について宮崎死刑囚は「踏み板が外されて落下する最中は恐怖のどん底に陥れられる。人権の軽視になる」などと書いている。

[2006年6月6日22時17分]


死刑は被害者が味わったのと同じような恐怖を死刑囚に与える事が目的の究極の罰です。
宮崎は相変わらず反省の色が無いなー
宮崎は特別に凌遅刑に処す。


死刑のすすめ―積極的死刑拡大論
死刑のすすめ―積極的死刑拡大論長田 鬼門


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

宮崎勤事件―塗り潰されたシナリオ
宮崎勤事件―塗り潰されたシナリオ一橋 文哉


おすすめ平均 star
starやっぱりそういうことなのか・・
star現実味のない供述
star真実に迫ったとは言えない
starぞっとする本
star著者の意図するところは?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


posted by 武悪堂 at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(1) | 本日も反省の色ナシ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

宮崎勤事件―塗り潰されたシナリオ
Excerpt: 5冊目の読書日記は、精神的におかしくなった宮崎勤による幼女誘拐殺人事件の本。 内容 80年代末の日本を震撼させた連続幼女誘拐殺人事件。「今田勇子」の名で犯行声明まで出した犯人・宮崎勤の狙いは何..
Weblog: 我は人である
Tracked: 2007-04-11 08:07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。