2006年08月14日

爆笑問題太田光VSNYTオオニシノリミツ悪夢のコラボレーション

爆笑問題太田光カルト新聞ニューヨークタイムズ、ノリミツオオニシ(カナダ国籍、日本人ではない)の特集記事。
カルト芸人認定だなw

■日本における政治風刺の領域を拡大  By NORIMITSU ONISHI

<前略>コメディー番組「太田光の私が総理大臣になったら」に出演中の太田光さんはおそらく、"The Daily Show" のジョン・スチュワートに、日本で最も近似した人物だ。有名お笑いコンビの一方である太田さんは、以前から政治問題に一家言ある人物として知られていたが、日本のテレビに政治風刺を持ち込んだのは彼が初めてだ。

"The Daily Show" から "Saturday Night Live"、"The Simpsons" に至るまで、アメリカのテレビには政治パロディーが盛りだくさんだ。しかし日本のテレビには、社会風刺はたくさんあるものの、この国の政治指導者を風刺する伝統は無かった。最近日本では独演コメディーがブームだが、そのうち政治問題を扱おうとするのはごく僅かである。

「僕はこういう番組をやってますが、政治はコメディアンが立ち入るべき分野ではないと言う人もいます」と太田さんは語った。「でも僕はそうは思いません。コメディアンは政治であっても笑いの題材にすべきです。」

<中略>

「実際のところ僕は、コメディアンは政治に首を突っ込むべきではないという意見も尊重しています。でも同時に、それではフラストレーションが溜まるのです。そんなふうに制限されるのは嫌なんです。何にでも首を突っ込んでみたいのです。」

<中略>

しかし太田さんによれば、ある種のテーマはタブーなのだという。皇室や北朝鮮などだ。

「北朝鮮にはその国の歴史があり、複雑な問題を解きほぐす必要があります」と太田さんは語った。
「あの国がいかにして形づくられ、そこに日本がいかに関わったのか、その全容を把握できている人は誰もいないと思います。」
 ここに来て北朝鮮が日本の第一の敵となったことで、北朝鮮というテーマは風刺の対象とするには余りにデリケートな問題となった。

太田さんは自らを左派というより反体制派だとしているが、彼の反権威的なスタンスは、小泉政権で台頭している右翼的立場と衝突しており、攻撃に晒されやすい状況をもたらしている。

「特に心配し恐れているのは、番組が打ち切りになることです。ある種の圧力がかかったら日本テレビが番組を打ち切る可能性があります」
と太田さんは言う。

より直接的な心配は、組織化された右翼グループが反日的とみなす人々を定期的に脅すということが行なわれている日本ならではのものだ。
今年4月には、そうした右翼の一人(昭和天皇の戦争責任に言及した政治家への暗殺未遂で服役したことのある人物だ)が太田さんの事務所を突然訪問した。
その右翼が置いていった手紙には、太田さんの発言に抗議するものだった。その発言は結局太田さんのものでないことが判明したが、以来太田さんは用心するようにしている。

太田さんは言う。「自分の言いたいことを言いたい。でも、番組制作に携わる人たちに危害が及んだり、彼らの仕事を難しくしてしまったり、事務所のスタッフが襲われたりする可能性も考えなくてはなりません。だから僕は、そうしたことが起こらないようにしています。何とかうまく切り抜けていかねば。」

▽ソース:NYタイムズ(英語)

http://www.nytimes.com/2006/08/12/world/asia/12ota.html

この記事をアメリカ紙に載せる事で何を意図したもんなんだか全く不明なんだが、NYTの反日記者オーニシノリミツが興味を持ち太田光に接触したことは間違いない。

オーニシノリミツは反日をする割には日本に対する知識が乏しくいつもネットで突っ込まれていて、いつクビになるのかが話題になっているのだが、この記事も彼の無知ぶりを暴露しただけの駄文に過ぎない。

政治風刺をお笑いに持ち込んだのは太田光が初めて?

ビートたけしや立川談志、上岡龍太郎などが数十年前からやってるし、「TVタックル」なんて十数年続いているし、「ここが変だよ日本人」なんていう神番組もあった。

爆笑問題太田光がビートたけしや立川談志の劣化コピーってことなんかはもう定説のように語られている。

いうまでもなく「太田光が総理大臣…」は「TVタックル」「たかじんのそこまで言って委員会」の劣化コピーだ。

政治問題をお笑いにうまく昇華できていれば、まだマシなんだけど、全く出来ていない。
彼のギャグは「加護ちゃん初潮きたの?」に代表されるような他人を傷つけるような下らない品性下劣なタレントいじりだけ。

彼が北鮮の歴史に関して具体的に語る事は無い。拉致問題に関しても口を濁すだけ。
「日本人が朝鮮に過去にした事」なる曖昧な定義を持ち出して、盲目的な経済援助、国交回復、賠償責任しか唱えない。

ガチガチの親北朝鮮芸人だ。
北朝鮮のことを本気で擁護したいなら拉致被害者家族に面会して、口角泡を飛ばして北朝鮮に対する誤解とやらを説明して見せるべきだ。

反政府、反体制派を気取っているが、ご存知の通り小泉首相主催の花見会に出席し、芸術選奨文部大臣賞をちゃっかり受賞する処世術を使う姑息な体制派

本当に芸を持っている芸人ならそんな賞をもらっても意味の無い事だし、反体制派と自称するならなおさら。
いくら言葉でセンセーショナルな理想論、きれいな平和論を叫んでいても、TVの見えない所では長いものにはちゃっかり巻かれている。

戦前にもこういう連中はいた。太田光のような人を傷つけても何ともない、無節操で、言動をくるくる変える人間は必ず有事にはアッケラカンと体制に鞍替えしているだろう。

太田光はネットウヨなんかよりもより戦争をもたらす危険で狡猾で卑劣な煽動屋であることがこれではっきりしたといえるな。

政治風刺芸人なら
鳥肌実の方が100万倍アブノーマルでおもれーっつーのexclamation×2
鳥肌動画(ほぼ放送禁止用語もちろんライブではピー無し)
http://www.youtube.com/watch?v=oII96zU8Jro

鳥肌実HP
http://www.torihada.com/

posted by 武悪堂 at 14:38 | Comment(15) | TrackBack(4) | 爆笑問題太田光暴言録
この記事へのコメント
鳥肌実おもしろいですね
Posted by 猿 at 2006年08月15日 00:49
コメントありがとうございます!
勉強になります!
また見に来ます^^
Posted by at 2006年08月15日 10:29
まったくもって同意
Posted by Kan_o at 2006年08月15日 16:02
TBありがとうございました。
小泉総理、靖国へ参拝されましたね。今日の筑紫哲也は楽しみです。
Posted by ケンジ at 2006年08月15日 21:09
皆さまコメント有難うございます。
日本のこれからも畜死もそれほどのデンパではなくつまらなかったですね。加藤紘一の家が炎上したのには驚きでしたが。
朝のデンパみのもんたもハマコーに突っ込まれて何も言えませんでした。
太田光もみのもんたも煽動屋、くるくるまわる風見鶏。
Posted by 武悪堂 at 2006年08月16日 10:53
太田が反体制派だとは気がつきませんでした。
戦争論とか九条についてとか本を出してますが
命がけの覚悟などないんだから
おとなしく自分の芸を磨いておけばいいのに
と思いますよ。
Posted by セシリア at 2006年08月16日 11:16
またオオニシか(笑)

みのもんた氏ね。
Posted by worldwalker (・∀・) at 2006年08月16日 11:37
またオオニシか(笑)

みのもんた <´A`>
Posted by worldwalker (・∀・) at 2006年08月16日 11:40
ひとつだけ言わせて下さい(もちろん、あなたの意見が正しいと言う前提です)
爆笑問題は以前、事務所から理不尽な理由で圧力をかけられ、すべての仕事を干された事があります。それを何年もかけて事務所と和解しました。
なので、また圧力をかけられないためにも、爆笑問題は仕事を断れないんです…ですから、どんな仕事でもやるしかないんです。
…爆笑問題を「可哀相な人」として見れば、いくらか考えが変わると思います。私もそうでしたから(笑)
Posted by 武藤美月 at 2006年08月17日 23:30
>>武藤美月様

コメント有難うございます。

>>なので、また圧力をかけられないためにも、爆笑問題は仕事を断れないんです…ですから、どんな仕事でもやるしかないんです。

だからこそお笑いに全身全霊を入れるべきだと思いますね。今彼のお笑い番組はないでしょう。
「いいとも」はお笑いとは言えないしね。
お笑い芸人として可哀想だと思う。
彼は筑紫哲也かみのもんたの後釜狙ってる程度の下らない人間だと思うよ。
Posted by 武悪堂 at 2006年08月18日 00:08
電通の圧力に怯える太田光
=支那の圧力に怯える加藤紘一w
Posted by 武悪堂 at 2006年08月18日 00:44
武悪堂は勝手に決め付けて批判をかぶせる一人相撲式批判を繰り返しているだけだよ。ラジオなんかでは「小泉総理の政策はほとんど反対だが、拉致問題を解決に向けて進めた」とほめているんだけど。
強引な論理付けが多いな。他の記事でも書いてあることはみんな2ちゃんパクリばっかやんww
Posted by シラア at 2006年08月21日 20:23

>>ラジオなんかでは「小泉総理の政策はほとんど反対だが、拉致問題を解決に向けて進めた」とほめているんだけど。

ぷーっ!!なにも太田光が二枚舌だという事を暴露しなくても良かろうに。
テロ朝とかT豚Sとかのサヨク司会者解説者はエテして同じことを言う。単にサヨクの卑劣な事後承認的賞賛をエテ公太田パクってるだけジャマイカw
どーせ拉致被害者戻ってこなかったら鬼の首を取った様に批判していたはずだ。
太田光が戦前日本の戦争を煽っていた様な人間だという事にさらに確信が持てたよ。

>>他の記事でも書いてあることはみんな2ちゃんパクリばっかやんww

何がパクリかは知らんが、世の中の人の多くが太田光が胡散臭い似非平和主義者と見透かしてるんでしょ。
亀やんがヤオだってのを世間が見透かしてるのと同じだよ。
Posted by 武悪堂 at 2006年08月22日 22:51
反政府と反体制では言葉の意味が違うんだけど、この嫌韓厨のブログではあまり分かっていないようだ。
Posted by シアラ at 2006年08月24日 20:03
つかそれはNYTのオーニシが分かってないんじゃないのwクレームの出しどころが違うしw
Posted by 武悪堂 at 2006年08月24日 20:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/22342518

動画「太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中。」8月11日
Excerpt: 張、言いたい放題である。 ------------------------------------------------------------ 宮崎哲弥「チベットは中国の侵略じゃない..
Weblog: worldwalker&#39;s weblog (・∀・)!
Tracked: 2006-08-14 21:14

太田総理、歴史の共通認識なんて本気ですか?
Excerpt: 8月15日が近づき、嫌でも「戦争」について考えてしまう。 先日また「太田光の私が
Weblog: 優しさと強さと
Tracked: 2006-08-15 21:05

憲法9条?太田光?
Excerpt: 最近は影を潜めている改憲・護憲などの議論だが一言二言言わせてもらいたい。まず、時代は常に変化し、憲法もその都度時代に一番合った物にするべきだ。しかし護憲派は「憲法9条は永遠に語り継いでいくべき、変える..
Weblog: オヤジと息子の徒然日記
Tracked: 2006-08-25 15:40

憲法9条?太田光?
Excerpt: 最近は影を潜めている改憲・護憲などの議論だが一言二言言わせてもらいたい。まず、時代は常に変化し、憲法もその都度時代に一番合った物にするべきだ。しかし護憲派は「憲法9条は永遠に語り継いでいくべき、変える..
Weblog: オヤジと息子の徒然日記
Tracked: 2006-08-25 15:43
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。