2007年05月06日

「大事(おおごと)」

2007年5月2日(水) 「大事(おおごと)」
憲法に手をつけること自体が一大事だと認識したい


人気のブログ
これから否応なしに憲法をどうするかという議論が始まりそうな雲行きでありますけども、憲法を改めるにしろ、そうしないにしろ、まず大事なことは何かと言えば、憲法に手をつけるということが大事(おおごと)だということであります。

それは、今の憲法がどうやって出来たかということを調べれば一目瞭然であります。若い歴史を知らない政治家はよく「これが占領軍の押しつけ憲法だ」などという簡単な事を言いますけれども、調べれば調べるほどそんなに単純な話ではありません。

例えば憲法の25条に「全ての国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」という条文があります。これは占領軍が押しつけたものでも何でもありません。日本の民間学者が強硬に主張してこれを入れました。

それから今の教育制度、義務教育の制度も学校の先生達の強い要求によって26条、特に2項というものが入りました。そして、その当時の日本政府は終始、国民に主権を与えること。あるいは女性に参政権を与えることには抵抗し続けまして、天皇の地位が危うくなるということが分かって、初めて占領軍の要求に屈しました。

つまり、国民の側に当時の政府は立っていたわけではありません。にも関わらず、第9条については、その保守派のリーダーですら日本が敗戦の代償に理想的な、戦争をしない国を作るということについては、大変な情熱をその当時は感じていました。そういういろいろな事情があって出来た憲法であります。

スカートの丈を短くしたり、長くしたりするのとは理論が違います。どんな議論をこれから始めるにしろ、これが大事だということは、まず認識して始めたいものであります。


日本国憲法が施行されて60年も経つというのに、これから議論するだって?
戦後言論人、思想人がいかに議論を棚上げ、先送りしてきた無能ぶりの産物であるということを堂々と認めてるわけかw

で、特に変更の必要性もない条文を持ち出して詭弁を弄す。

サヨクの代表格の様な人間の言うことがもっと慎重にこれからスタート台に立つ気分で議論しましょうなんて単なる逃げ口上。
泡沫サヨク政党の議員の口からも同じような言葉しか出てこない。もはやまともな議論すら出来ない。

サッカープレーヤーに場違いな老人が紛れているのと同じようなもんだ。
こんな老害の質の悪い遅延行為はみっともないからレッドカードで退場しちゃえよexclamation×2

憲法と平和を問いなおす
憲法と平和を問いなおす長谷部 恭男

おすすめ平均
starsしっかりとした論理の憲法解釈
stars立憲主義
stars憲法と平和を理性的に論じる視座を提供する
stars冷静な議論ではあるが
stars「理性的な議論」の足元

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

インテリジェンス 武器なき戦争
インテリジェンス 武器なき戦争手嶋 龍一 佐藤 優

おすすめ平均
stars国益のための諜報活動とは
stars啓蒙書?自慢話?あるいは情報戦略?
starsインテリジェンスの重要性は理解できましたが・・・
stars秘密は小出しに
starsジェームス・ボンドの世界

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

憲法の常識 常識の憲法
憲法の常識 常識の憲法百地 章

おすすめ平均
stars改憲派の本としてはよくまとまっている
starsトリックの無い憲法論
stars憲法の争点を明快に論じた常識の書
starsなんだかなぁ
starsジャーナリスティックな議論の羅列

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


posted by 武悪堂 at 01:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 筑紫妄言録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。