2005年11月10日

「べらぼーな話」

11月7日(月)
「べらぼーな話」
米軍基地移設費用を負担する必要がどこにあるのか



納税者が税金の使い道に大変厳しいアメリカでは、当然、世界中に展開している米軍のコストも吟味の対象になりますが、こと、日本にある米軍基地に関しては、これほど多額の金を出しているホスト国は無いんだという政府側の説明に議会が納得してきました。いわゆる思いやり予算というものでありますが、もちろんそんな冗長的な受け取り方はアメリカ側はしてませんで、単に施設改善費と言っております。

さて、その延長で先ほどお伝えしたように、沖縄の海兵隊がグアムに移ることについて、グアムで作るその基地の施設のお金を出せという要求が来て、日本側はそれに応ずるということで話が動いております。そして言われている金額というのは、まあ、べらぼーな額であるだけではなくて、この話自体が相当にべらぼーな話ではないでしょうか。日本の基地についていろんな事をするというのはまだわかりますけれども、外国の施設についてそんなことまでする必要がどこにあるのか。

一方でこの国はもう財政難で、サラリーマン減税というのが現実の課題だとか消費税の値上げだとか、いろんな話が出ているわけでありますが、アメリカと違ってそんなに納税者がおとなしくていいのかどうか。しかも鳥インフルエンザが来るかもしれない、それに対して予算がないなどと言っておりますと、人間の安全保障というのはこの国ではどうなっているのかと言いたくなります。


我が国が限定された憲法、軍隊、装備しか持たない現状にあって、日米安保条約に基づく同盟国であるアメリカに対価を払うことは当然のこと。簡単な話である。

ぶっちゃけた話、用心棒であるアメリカに対して思いやり予算(在日米軍駐留負担金、日本側も別に思いやって始めた訳でもないだろう単に法的根拠がないだけ)2500億円(総額5000億円)は金額見直しはしていただきたいが、原則として用心棒代として支払わなきゃなんない。これは何も日本だけのことではなくて、韓国は在韓米軍に対して駐留負担金6800億ウォン(約680億円)を払っているし、ドイツは1000億円程度を支払っている。

ドイツは左翼政権であり、NATOという集団軍事同盟もある、フランスの威を借りロシアの脅威も低下しているので、既に在独米軍の存在意義が薄れている。ドイツの基地も前線である中東からは離れているので重要性は昔ほどない。経済規模も日本の2分の1である。
韓国は日本の経済規模の10分の1であるので、相当な負担額を強いられている。
先日は駐留費用の削減を持ち出したために、在韓米軍の縮小、装備の削減をせざるを得ないと突き放されてしまった。

日本が米国から借りている武力の威、例えばB−1ステルス戦略爆撃機は1機2000億円するといわれているし、核兵器の年間維持費用は9000億円ともいわれている。原子力空母建造費1隻5400億円。さらに恒久的に維持費がかかるこんなアホみたいな軍事費を日本が独自で持つことに意味があるのだろうか?

もし、アメリカへの軍事費の負担をケチりたいのであれば、最低限核武装した原潜を何隻か保有しなければならないだろう。

もちろん米軍のトランスフォーメーションなどというものは沖縄の基地軽減などを目的とした偽善ではなくて、朝鮮半島、支那、ロシア、インド、中東ににらみを利かすためのアメリカの世界戦略の一環。

中国の台湾侵略、北朝鮮の核、ロシアとの摩擦の再燃など、極東アジアの不安定要素はいくらでもある。今、米国と手を切るということは、何の保険もかけずに自動車を運転することと同じであろう。

米国の軍事費は年間約40兆円に達する。この軍事力の威をレンタルするとなれば、思いやり予算だとかグアムへの移転費負担などは安いものかもしれない。










posted by 武悪堂 at 23:58 | Comment(8) | TrackBack(10) | 筑紫妄言録
この記事へのコメント
TBありがとうございます。
思いやり予算がアメリカへの用心棒代というのは
現実問題として受け入れたとしても、
少なくとも、司令部の移転は
純粋にアメリカの戦略的な移動ではないでしょうか。
アメリカの戦略であるなら、
そこにまで日本が金を出すというのは、
違うのではないでしょうか。

思いやり予算とグアムの移転費用というのは、
意味合いが違うように私は思います。
Posted by 九龍 at 2005年11月12日 01:49
コメントありがとうございます。

>少なくとも、司令部の移転は純粋にアメリカの戦略的な移動ではないでしょうか。
アメリカの戦略であるなら、そこにまで日本が金を出すというのは、違うのではないでしょうか。

別にアメリカの司令部をドイツに移したわけでもない。米国は極東戦略を沖縄や韓国、台湾などの点ではなく、極東地域一帯の面での安全保障を考えている。
そう考えるならば韓国や台湾もカネを払わなければならない。

これらは直接的には、支那、北鮮、ロシアに対するの将来の備えであり、日本も無関係どころか、その最大の恩恵を受け、傘の下に納まっている。

別にアメリカにノーということは出来るかもしれない。しかしそれは日本が核武装してからの話だ。

>思いやり予算とグアムの移転費用というのは、
意味合いが違うように私は思います。

日本が米国にグアム移転費用を払う義務はないかもしれない。しかし、米国がグアムに司令部を置く理由もアメリカ国民に言わせれば、それほどないだろう。多分、税金の無駄遣いだと言われる。
Posted by 武悪堂 at 2005年11月12日 02:12
いろいろ考えはありますが、日本列島の戦略的位置を考えると、米軍には魅力があるのは当然です。そういう意味で、基地を置かせてやっている面もあるのです。
また、有事に本当に米軍が当てになるのか、巻き込まれるリスクはどうなのか、と考えると単なる「番犬(←中曽根康弘氏のことば)」とは私には決して思えないのです。
本当はいくらかかっているのか、わかりやすくはっきりさせ、国民がその金額をどう思うかで判断する、それが正しい道かと思います。
いまは実質いくらなのか見えないので、正確な判断すら困難です。
Posted by takeyan at 2005年11月12日 13:09
>そういう意味で、基地を置かせてやっている面もあるのです。

日本がそう思うのはかまわないんだけど、米軍にとって日本は戦で血を流して切り取った縄張りだと思っている。
その主張をウズベキスタンやカザフスタンのようにバーターにかける根性があるのか?
中央アジアはロシアや支那との関係が深いので逆に米国が頭を下げている面もある。
しかし、ノムの極東アジアのバランサー発言以降の韓国を見てみても、それを実行したところで惨めになるだけ。

>有事に本当に米軍が当てになるのか、巻き込まれるリスクはどうなのか

日本は米国の縄張りと考えるならば、支那やロシアに攻められて、何もしなければ、米国の国際的信用は失墜。世界の警察の看板も地に落ちるでしょう。
米国がそれを保ちたければ、面子を守るために死に物狂いで戦うでしょう。

巻き込まれるリスク?朝鮮や台湾で有事があった際、日本の安全保障の問題なので積極的に関与していかなければならないでしょう。最低限後方支援はしなくちゃなんない。

>本当はいくらかかっているのか、わかりやすくはっきりさせ、国民がその金額をどう思うかで判断する、それが正しい道かと思います。

金額や使途について国民が議論することは大賛成です。

Posted by 武悪堂 at 2005年11月13日 02:43
勉強になりました。日本はむしろ中国に脅されているよりかはアメリカにすでに脅されてごっそり持っていかれているんですね・・ まったく変な世の中です。
Posted by Kazuto at 2005年11月13日 15:20
 初めまして。TBありがとうございます。
 そうですね。「思いやり予算」、「安全保障面での米国軍の必要性」などは確かのそのとおりだと思います。
 ただ問題は日米安全保障条約第6条、「極東条項」ですね。日本の安全保障は現在の憲法、対外関係を見ても明らかに不安定です。・・・核武装をしろとは言えませんが今後安全保障をどうするか、考える必要があるように思います。
Posted by Hiroshi at 2005年11月13日 16:54
コメントありがとうございます。

>日本の安全保障は現在の憲法、対外関係を見ても明らかに不安定です。・・・核武装をしろとは言えませんが今後安全保障をどうするか、考える必要があるように思います。

その通りだと思います。今回のグアム移転費用の問題もグアム移転費用→無駄使い、払う義務のないカネと言う論法を筑紫氏を始め多く見ますが、それは本末転倒で、とりあえず憲法9条に縛られ、先制攻撃能力のない現在の日本国の安全保障をどうしていくのかと言う議論の中から、グアム移転費用負担の是非や額の話が出てこなくちゃただの批判のための批判という気がします。
Posted by 武悪堂 at 2005年11月17日 00:31
ブログ開設おめでとうございます!!

アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://blog.livedoor.jp/suntory_cclemon/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://blog.livedoor.jp/suntory_cclemon/?mode=edit&title=%3F%3F%3F%3F%3F%3F%3Fm&address=http%3A%2F%2Fmougen%2Eseesaa%2Enet%2F


お問い合わせはコチラから
http://blog.livedoor.jp/suntory_cclemon/?mail

Posted by みんなのプロフィール at 2005年11月24日 11:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

どっちもどっち
Excerpt: アメリカにテラ銭払って守ってもらってこそ平和だと思っている親米右翼は、アメリカが出て行きさえすれば平和になると思っている反米左翼と同じくらい、救いがたいくらい楽天的。妄言としては同レベルじゃねーの。 ..
Weblog: 非国際人養成講座
Tracked: 2005-11-12 04:27

「思いやり予算」は米軍施設所在市町村も実質的に負担している。もちろん、和光市も
Excerpt: 「思いやり予算」というものがあります。(最近の関連ニュースを下記に提示) 米軍の駐留経費の一部を日本政府が肩代わりするもので、直接的な負担だけでも2500億円を超えるものです(間接的なものを含めると..
Weblog: 埼玉県和光市議会議員(36歳、最年少) 松本たけひろの今日の雑感(和光市ネタ始めました)
Tracked: 2005-11-12 13:11

誰のための会計か??そりゃ金主(納税者)のためでしょうよ。当然です!「役人さん、聞いている?」
Excerpt: 私の以前からの大きなテーマに「会計」があります。 ??会計に興味を持ったのは会社が暇だったから 最初に勤めた会社では、景気の関係で暇でした。部長に「暇なときは自由に勉強していていいよ」..
Weblog: 埼玉県和光市議会議員(36歳、最年少) 松本たけひろの今日の雑感(和光市ネタ始めました)
Tracked: 2005-11-12 13:11

日米地位協定と沖縄 1
Excerpt: ■「日米地位協定」とは、外務省が 日米地位協定は、日米安全保障条約の目的達成のために我が国に駐留する米軍との円滑な行動を確保するため、米軍による我が国における施設・区域の使用と我が国における米軍..
Weblog: タカマサのきまぐれ時評
Tracked: 2005-11-13 10:05

沖縄の米軍基地
Excerpt: 連日、沖縄における米軍の基地に関連して連日報道されていますが、日本のエネルギーの生命線であるシーレーンの防衛や、ガス田における中国の軍事的挑発や 沖縄の
Weblog: ピースファクトリー:高知
Tracked: 2005-11-13 17:53

沖縄海兵隊のグアム移転、米が3200億円の負担要請
Excerpt: 沖縄海兵隊のグアム移転、米が3200億円の負担要請 日本側は、前向きに検討することを米側に伝えた。
Weblog: 不確かな軍事情報-ミリタリーブログ-
Tracked: 2005-11-13 20:14

原爆・占領批判「NO」〜BY読売新聞
Excerpt: 今日読売新聞に占領統治時代のGHQの検閲についての記事が出ていました。 元読売新聞記者で、当時編集局検閲課員であった方の証言が載っています。 (上)原爆・占領批判「NO」 新聞の生殺与奪握る「..
Weblog: なでしこ通信
Tracked: 2005-11-13 23:15

米軍再編の基本方針
Excerpt: 米軍基地って何?に妄言の社さんからTBを頂きました。ありがとうございます。 米軍再編費用はグアム移転だけでなく、岩国への移転費用も、普天間の移転費用も、横須賀原子力空母受け入れ準備費用もみんな日本が..
Weblog: ロバの耳
Tracked: 2005-11-14 01:42

米軍問題を掘り返す
Excerpt: 更新をしてなかったのにも関わらず、たくさんの人がいらっしゃっているようで、感謝ですm(_ _)m そんな中、コメントに九龍さんが沖縄からグァムに移転する米軍基地の負担などについてコメントを頂いたので..
Weblog: 兄やんの一言モノ申す
Tracked: 2005-11-20 02:45

ぶっちゃけ どうよ
Excerpt: 「世界平和」 「LOVE&PEACE」が私の理想☆だなんて大上段に言わなくたってみんなそうだよね。子供の頃からTVヒーローはバッタバッタと敵をなぎ倒し私たちを守ってくれた。昔話の「桃太郎」も絵本の「が..
Weblog: ロバの耳
Tracked: 2005-11-21 13:58
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。